沼津港っていつできたの?昔は旅館もあったんだって。魚問屋や干物屋ができてからざっと100年。
昔の人がいろんな知恵を絞って尽力したから、今の沼津港があるんだね。現在は4代目が商売を進化させて商いに励んでいるんだ。古き良き沼津港の風情を残していきたいな~。

この記事は、沼津港生まれ育ちの4代目干物屋とたばこ屋(旧魚問屋)が稚拙ながらも作りました。
誤記・追記ご希望等ございましたら教えてくださいね。随時修正加筆掲載していきます。(平成29年4月現在)

参考資料:沼津魚仲買商協働組合三十年史(昭和58年発行 沼津魚仲買商協同組合編集発行)
注※:一覧表内の(み商)は「ぬまづみなと商店街」の略

和暦西暦飲食店開業土産店開業食堂街周辺沼津市
第三次
観光向け
平成12年~現在
平成29年2017年4月(み商)情報サイト開設
平成28年2016年沼津漁師めし食堂11月(み商)情報発信委員会発足
海女小屋(み商)食べ歩きクーポン広告開始
平成27年2015年しらす漁船(翌年伊助に名変)木村屋(玉子焼)6月(み商)36店舗マルチ決済端末導入戸田地域活性化センター「くるら戸田」オープン
(み商)渋滞対策委員会発足
平成26年2014年カキ小屋(み商)facebook講座開催総合コンベンション施設「プラサヴェルデ」オープン
(み商)facebook開設
3月(み商)顔出し看板設置
平成25年2013年
平成24年2012年千漁家(み商)「沼津港BAR」スタート(毎年1~2回開催)
平成23年2011年(み商)公式サイト開設
「沼津港深海水族館」オープン
「港83番地」オープン
平成22年2010年かにやマルヤ水産「沼津鍋」スタート(毎年1回開催)
磯丸(み商)「食べ歩きクーポン」販売スタート
武田丸3号店(み商)「ぬまづみなとまっぷ」発行スタート
平成21年2009年あじや丸勘「沼津みなと新鮮館」オープン
武田丸2号店えび伝11月「ぬまづみなと商店街協同組合」発足(9年商店会から進化)(事務局:魚仲買商協同組合に)
港食堂みとも水産(み商)「共通サービス券」発行スタート(22年食べ歩きクーポンに進化)
丸十まるに(新鮮館に移転)
JAなんすんまぐろの魚栄
さすよ亭かきた
京丸うなぎカメヤ
平成20年2008年なな輝湊いち大手町地区再開発ビル「イーラde」オープン
平成19年2007年トニーズ魚永水産複合施設「沼津魚市場INO」 落成
市場食堂カネキン移転国土交通省中部地方整備局の「みなとオアシス制度」に登録
うお亭
平成18年2006年どんむす横屋ぬまづみなとパーキング1号棟 落成
魚健まるに(潮さい市場)「潮さい市場」オープン
カネキン(潮さい市場)
平成17年2005年京屋戸田村と合併
平成16年2004年さいとう本店サスヨ海産展望台付水門「びゅうお」
まぐろの魚栄
平成15年2003年京屋
平成14年2002年
平成13年2001年居酒屋千本一特例市に移行
かもめ丸沼津観光協会「大型バス駐車場」オープン
平成12年2000年さいとう支店沼津港が「特定地域振興重要港湾」に指定
武田丸本店「沼津観光協会」沼津港に移転
海賊亭「沼津港活性化研究会」発足
古川「沼津みなと旬彩街」オープン
第二次
来港者向け
平成3年~平成11年
平成11年1999年
平成10年1998年「キラメッセぬまづ」完成
平成9年1997年駿洋販売所「ぬまづみなと商店会」発足(21年協同組合に進化)
平成8年1996年
平成7年1995年
平成6年1994年ふみ野三友水産大信センター食堂街兼パーキング
平成5年1993年
平成4年1992年魚々丸(沼津港初深夜までの営業、現在閉店)
平成3年1991年伊豆海屋(沼津港初の観光客向け)小田急線「あさぎり」 号が沼津駅に乗り入れる
さかなや千本一魚健
第一次
漁業者向け
~平成2年
平成2年1990年
平成1年1989年
昭和63年1988年
昭和62年1987年「若山牧水記念館」開館
昭和61年1986年
昭和60年1985年
昭和59年1984年
昭和58年1983年
昭和57年1982年にし与(平成7年移転)沼津魚類協同組合冷蔵庫落成「沼津市民文化センター」開館
昭和56年1981年我入道漁協即売所
昭和55年1980年魚市場冷蔵庫落成。(株)沼津水産物流センター冷蔵庫落成
昭和54年1979年たか嶋
昭和53年1978年
昭和52年1977年磯はる(平成23年移転)第2市場売捌場・第2製氷工場・冷凍塩干売場落成。大型焼却炉設置。駐車場拡張。附属店舗落成
昭和51年1976年
昭和50年1975年
昭和49年1974年沼津駅から沼津港駅までの貨物専用線として沼津港線(蛇松線)廃止
昭和48年1973年内港・外港をつなぐ運河、新港橋完成
昭和47年1972年
昭和46年1971年
昭和45年1970年沼津外港が開港
昭和44年1969年東名高速道路が完成、沼津インターの利用が開始
昭和43年1968年3月2日 港大橋開通式
昭和42年1967年港綜合卸売りセンター(ダイノブセンター)
昭和41年1966年丸天本店
昭和40年1965年
昭和39年1964年
昭和38年1963年
昭和37年1962年木村屋(佃煮)
昭和36年1961年
昭和35年1960年マルヤ水産設立
昭和34年1959年
昭和33年1958年
昭和32年1957年6月 西武百貨店開業
昭和31年1956年
昭和30年1955年4月1日 愛鷹・大平・内浦・西浦の4村と合併、人口は一躍13万人を超えた。
昭和29年1954年
昭和28年1953年
昭和27年1952年千本港神社再建(魚町から移転)
昭和26年1951年沼津通運倉庫。沼津魚市場株式会社と改称
昭和25年1950年統制解除とともに沼津・内浦湾・西伊豆地区の漁業者並びに地元魚商共同の基(沼津魚仲買商協同組合)に、沼津魚類株式会社を設立
昭和24年1949年
昭和23年1948年7月1日 原町と合併し沼津市が誕生(全国で89番目の市であり、静岡県では静岡・浜松に次ぐ3番目)
昭和22年1947年
昭和21年1946年双葉寿司~漁業・商業者向けの旅館店5店ほど~
むすび屋11月臨港鉄道開通式
せきの沼津港開港
大信水産(千本港町)
昭和20年1945年サントラ水産(千本港町)7月17日 沼津大空襲(沼津駅周辺)
昭和19年1944年魚市場は、沼津内港の完成とともに県水産業会沼津販売所永代橋下河岸から港湾へ移転。片浜・金岡・大岡・静浦の4村と合併、人口96,000人余を擁することになった。
昭和18年1943年
昭和17年1942年
昭和16年1941年戦争のため企業整理となり沼津魚市場は解散、県水産会に譲渡。双葉寿司(宮町)
昭和15年1940年
昭和14年1939年羽野水産(宮町)
昭和13年1938年ひもの出荷
昭和12年1937年沼津港開港
道路整備12年~17年
昭和11年1936年
昭和10年1935年
昭和9年1934年
昭和8年1933年我入道水産会社と合併、株式会社沼津魚市場となる
昭和7年1932年
大正14年
大正10年魚問屋(問屋制を廃止)・仲買人共同の基に大十魚会社が設立
大正2年1913年~下河原町に魚市場~
三虎商店(下河原)
佐藤政吉商店(昭和25佐政水産)
川善
横屋
明治21年1888年3月、蛇松線建設(東海道線建設資材輸送用)
明和5年1768年「沼津宿五十集(いさば)商人組合」結成
天正18年1550年後北条氏滅亡。300尋の大網既に使用。
延徳3年1491年北条早雲伊豆平定。その後小土豪割拠、支配下に漁業規模拡大。三枚橋城築城。
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket